audio inc.

--.--.-- スポンサー広告 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.18 free 毎度、足助です。

某所にて、フランスの人(開発者?ゲームライター?)と
お話する機会があったのですが「ポールの大冒険」のギャグは
日本人じゃなくてもわかるの?という話題になりまして。
「俺はハラ抱えて笑ったよ」とのことでした。

個人的にポールはボケ>ツッコミで完結する、日本の笑い代表。
対して、ボケ>観客が笑い完結する、海外っぽいの笑い代表は
「ウェルカムハウス(PS)」あたりなんじゃないかと思ってます。
泣けるゲームってよく聞くんですが、笑えるゲームって
あんまり聞かないですね。ニーズないのかな……。



余談。
ポールを見てて思いだしたんですが
洞窟物語のwiiware版はどうなったんでしょう。
日本リリース、待ち焦がれております。以上。

コメントの投稿








トラックバック


自社が開発を行ったゲームの宣伝、自画自賛、そして反省会も交えつつ、ほとんど仕事と関係ない事ばかり書いていくでしょう。きっと。
スタッフ持ち回りで狭く浅く、そして鋭く迫らない流浪のブログ風公式サイトです。

audio公式



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。